新着・投資情報

  • 2017年5月31日 株情報


    【解説】
     2万円を目前に、くすぶっている感のある日経平均。
    チャート上では、本HP株情報3月29日付けで解説したレジスタンス(抵抗線)を上方ブレイクアウトしたわけなので、勢いに乗って簡単に2万円を超えていけそうなイメージを持ちそうなもの。
    そこでチャートの表示期間を少し長くして、より大局的な視点で捉えてみると、
    (渋谷高雄株式投資大百科第3章、チャート3-3-5例題にて類似事例解説)
    Aポイント・2015年12月以来のレジスタンス(抵抗線)が機能していることが分かる。
    同時にBポイント・本HP株情報3月29日付けで解説したトレンドラインに下から接近して、跳ね返されたことが分かる。
    (大百科同第3章、【役割の入れ替わり】にて解説)
    このように、AとBの大きな抵抗の力が働いたことにより、2万円を超えていくのに苦労している模様である。
    その上、「日経平均リンク債」の存在が不気味である。
    早期償還条項付きでノックアウトプライスが2万円というのが結構多いと指摘されている「日経平均リンク債」。
    このノックアウトを断固阻止すべく、「いくつかの勢力」による防戦先物売りが出ている模様なのである。
    この日経平均リンク債は公募の残高で1兆円程度あるのではないかと見られている。
    そうした売り圧力の強さがあるのであれば、当面はAとCに挟まれた三角もち合いのチャートパターンを形成していくのではないだろうか?

  • 2017年5月11日 株情報

    本日、渋谷高雄株式投資大百科の補正作業が終了しました。
    販売サイトの準備が整い次第、再販となります。
    お待たせして誠に申し訳ありません、もうしばらくお待ち下さいませ。

    【解説】
    北朝鮮の指導者は核実験に踏み切ることはできない、と外国人投資家は確信を持ちえたようであり、さらにオバマケアの廃止に道筋が見えたことで世界が株高に湧いている中、なぜか上海がひとり取り残されている感がある。
    約1年にわたって機能してきた上昇トレンドチャネルだが(大百科第5章第6項「上昇トレンドチャネル」で解説している)、今年に入ってからは戻りが弱く、上半部分まで戻せずにいたが、結局戻せないまま、トレンドライン割れが発生してしまった。
    これと全く似た事例が、渋谷高雄株式投資大百科第4章第7項、チャート4-7-1で解説してある。

    「私は常々、「相場とは過去問の繰り返し」だと考えてきました。相場はまるで高校受験や大学受験のように、何度も同じような問題が出題され、過去問を解いたことがある生徒(=投資家)に有利になるような値動きをすることが多いのです」

    渋谷が大百科上で何度も力説している通り、初心者投資家が熟練投資家に成長できるかどうかのカギが、第2章「マーケットの正体を知る」の第5項「試験に出る分野を集中的に学ぶには過去問を解くことが有効」で述べられている。

  • 2017年4月12日 株情報

    【解説】
    ドル円の動きと、日経平均の動きは密接に連動している。
    (この解説は渋谷高雄株式投資大百科第6章第3項の1「為替」及び同第5項の1「現状の理解」で述べている)
    また、支持線を割り、抵抗線で押し戻されたことで、役割が逆転したと見てとれる。
    (大百科第3章第4項「サポート、レジスタンスの役割の入れ替わり」で解説)
    さらに、このドル円の動きは下降トレンドチャネル内で推移していたが、
    (大百科第5章第13項「下降トレンドチャネル」で解説)
    短期的な下降トレンドラインに頭を押さえつけられ、三角もち合い形のチャートが形成されたので、近いうちに上下どちらかにブレイクしそうだ。