新着・投資情報

2021年9月5日株情報

(2021年9月5日執筆)


暑い季節は、どうにも更新が滞りがちで今回は恥ずかしながら前回の原稿執筆から52営業日が経過してしまいましたが(申し訳ありません・・)、その後の株価の動きがどうなったのか分析してみましょう。いよいよ秋相場の到来ですね、これまでの株情報において何度か、「今年の株価の動きは2017年型に似ていく可能性が高い、その2回目の下げが夏あたりにあるかもしれない、その上で秋から再上昇開始の型になるのではないか?」といった予想を立ててきましたが、感染力の強いデルタ型コロナウイルスの蔓延といった予想外の不確定要素は残るものの、現在の日経平均は8月からその通りに反発上昇の動きをしています。
まず、前回の6月20日分の株情報において、「今年の日経平均が2017年型のチャートに似てくるという予想の実現可能性が高まる」と述べました。また、5月10日分の株情報においても、箇条書きにして抽出すると、以下のように述べています。


高値を追うのは自己と外国人、安値を買い支えるのは日銀黒田という構図が当面は続くわけで、この需給関係では2017年型のチャートが示現するだろうというのが今年のメインシナリオになる。


今年の日経平均の動きのイメージは2017年型であることが予想できる。2016年11月12月に急騰したのも似ている。
2017年では調整場面は2回あり、
一、3月下旬から4月下旬までの19600円から18200円の▲1400円(約7~8%下落)
二、8月上旬から9月上旬までの20200円から19200円の▲1000円(約5%下落)
その2回目の調整の後に、9月から11月上旬までの2ヶ月強の期間で一気に19200円から23400円まで▽4200円も上げた(約22%上昇)。


では、30000円から38000円バブル高値奪還までの上げが、夏から秋にかけて本当に来るのか?やや先の話しになるが、2017年同様に今年の夏以降に来るであろういったんの調整の様子を見てから再度予想してきたいと考える。

整理すると上記①~③の通りですが、今後はどうなるのでしょうか? 菅首相退陣のニュースや、選挙は買いというアノマリー的な思惑からか、先週の金曜日の日経平均は急騰しましたが、まずはナスダックのチャートから分析していきましょう。
前回の6月20日分の株情報において、「ナスダックが今度こそ緑色の最終レジスタンスCを上方ブレイクアウトできれば、これまた前回で述べたことと同様にWトップ&三尊天井のチャートパターンの形成失敗となり、非常に強い買いシグナルとなる」と述べましたが、掲示したナスダック日足チャートをご覧下さい。分かりやすいように、これまで説明した上限上昇トレンドラインAと下限上昇トレンドラインA’(赤色)に挟まれた上昇トレンドチャネル(トレンドラインレンジとも言う)、下降トレンドラインレンジD-D’(青色)、
(●トレンドチャネルについては、渋谷高雄株式投資大百科第5章第6項等を参照)
レジスタンスライン(抵抗線)C(緑色)は、そのままの色やアルファベットで記入してあります。前回の株情報公開後に株価はCを上方ブレイクアウトして、その後は上昇トレンドを継続しています。途中で株価が反落する場面もありましたが、Xポイント(Cが今度は役割を逆転させてサポートライン(支持線)に変化した位置)や、Yポイント(上昇トレンドラインA’上)で支えられて教科書通りの反発もしてきたことが分かります。そして前回の株情報でも述べたように、金利やテーパリングが株価に折り込まれつつある以上、これらが今後に大きな悪材料になるとは限らず、そうなるとこの上昇トレンドは簡単には転換しないと思われるのです。しかし気になることもあります。それは上昇トレンドラインの上値が、赤色点線のAからオレンジ色のBに後退して切り下がってきていることです。この感触として「上昇トレンドではあるのだが、かといって強いという手ごたえに満ちているわけでもない・・」といった感じでしょうか? 8月下旬のCPIが思ったほど伸びておらず、10年金利低下の要因がデルタ株蔓延などからくる経済活動鈍化による景気の悪さにあるのが本当であれば、この中途半端さも何となくは理解できるのです。いずれにせよ、Bを上方ブレイクアウトできるかどうかが当面のナスダック最大の注目ポイントです。
次に、掲示した日経平均の日足チャートをご覧下さい。
今年の2月以降、長く続いた大局的下降トレンドラインレンジD-D’(青色)を、ついに上方ブレイクアウトできたことが分かります。すでにTOPIXのほうは高値を更新していることや、夜間の日経平均先物がさらに400円以上上げていることを考えれば、いよいよこれが「N字型チャートパターン」の形成初動か、という期待も高まります。
(●N字型チャートパターンについては、渋谷高雄株式投資大百科第5章第16項等を参照)
そこでチャート図に記入したピンク色のラインをご覧下さい。
Aで株価が7700円上昇した後にBで調整しているので、いよいよCにおいては青色の下降トレンドラインDを上に抜けた位置(大体28700円前後)を起点として、上昇トレンドが2~3か月ほど続き、その間の値幅がAと同じくらいの7000円から8000円と想定すれば、基本的セオリーから確かにバブル最高値奪還の可能性があるかもしれないのです・・
では、いわゆる格言:バスに乗り遅れないためには、どういうシナリオで今後臨むべきなのでしょうか? 買い遅れている場合は、まずは打診買いから始めて、そして前回高値の30700円付近を超えていくか、もしくはナスダックのBライン上方ブレイクアウトで買い乗せていくのです。
なお、損切りポイントについては、原稿執筆の時間の関係上、次回に解説しましょう。

2021年6月20日 株情報

(2021年6月20日執筆)

前回の原稿執筆から30営業日が経過しましたが、その後の株価の動きがどうなったのか分析してみましょう。本原稿執筆時点において、ダウ533ドル安(▲1.58%)、ナスダック130ポイント安(▲0.92%)、日経平均先物510円安(▲1.76%)という状態であり、6月21日月曜日は軟調な展開でスタートすることが予想されます。果たして今後の株価の動きはどうなっていくのでしょうか?
まず、ニューヨークダウの日足チャートですが、6月4日に陽線が立って以降、実に10営業日連続で陰線が続いており、いよいよ今週は1000ドル級の大暴落が発生しそうなチャートに見えてしまうのも仕方のないところです。
(編集の都合上、ダウの日足チャートは今回の原稿では当サイトにおいて画像表示しておりませんので、各自証券ツールなどで確認をお願いします)
特に昨年の11月に28500ドルから29200ドルのあたりで「マド」が空いているので、いわゆる「窓埋め理論」により、これをいつかは必ず埋めるというのであれば、これから1000ドル級の大陰線が4連発でもして、あっという間に達してしまうのではないか?といった漠然とした不安もかすかに頭をよぎります。
次に、掲示したナスダックの日足チャートをご覧下さい。
不思議なのは、ダウが下がり続けた10営業日の期間中のナスダックの下げはたいしたことがないばかりか、ダウに反対連動して上がっている日すら散見されることです。ナスダックは先週の金曜日はダウ同様に下がりましたが、ダウがマド空け大陰線で下がったのに対し、ナスダックは前日木曜日の始値すら割っていない限定的な下げにとどまっています。これは、ダウを構成するセクターには売り圧力が強く、ナスダックを構成するセクターには一定の強い買い圧力が存在することを示しています。
(●セクターごとの循環物色については、渋谷高雄株式投資大百科第6章第2項等を参照)
これは意外です、なぜなら30営業日前に執筆した前回原稿において、『しかし気になるのは、ダウが新高値を更新して上昇トレンドが強力であるのに対し、ナスダックは新たに形成された抵抗線C(緑色のライン)によって上昇が阻まれ、いわゆるWトップのチャートパターンを形成しそうになっている』と書きましたが、このように今とは正反対の状況だったからです。いつの間にか入れ替わったということなのでしょうか? また、同じく前回の原稿において、『ダウが高値更新中である以上、出遅れ物色と称してナスダックもいずれ追随して上昇することがメインシナリオとなる』とも述べていましたが、30営業日後の現在、その予想通りの展開となっています。しかしながら一度、ハラハラする展開があったのです。掲示したナスダックの日足チャートを再びご覧下さい。5月上旬の★ポイントにおいて、下限上昇トレンドラインA’を割っているのです。これも前回原稿で述べていたことですが、『再びナスダックが下限上昇トレンドラインA’を割るとWトップのチャートパターン完成と言えるので注意が必要』と言っていたにも関わらず、ナスダックの株価は切り返してきたのです。なぜ? Wトップのチャートパターン完成であったのなら、セオリー通りにナスダックの株価は11500ポイント付近まで下がってもおかしくはなかったわけです。これには実は明確な理由がありました。この5月上旬というのは、アメリカにおける納税時期であり、納税のための換金売りが5月17日(月)あたりまで出ることが分かっており、それまでは株価が下がりやすいというアノマリー的需給環境があったのです。そしてその納税期限経過後は、反動で株価が上がるというアノマリーもまたあったのです。
つまり5月上旬のナスダックにおける下限上昇トレンドラインA’割れは、本格的な大暴落につながるようなWトップのチャートパターンの完成ではなく、単に納税資金捻出のための一時的な換金売りに過ぎないノイズであることが予見できたのです。そしてその通りに株価は反発してきて、今や最終レジスタンスと化した緑色のCラインブレイクアウトに再び挑戦しようとするまで上がってきたのです。しかしここからナスダック株価が反落してしまうと、今度はいわゆる『三尊天井』のチャートパターン完成の可能性が出てきます。
(●三尊天井については、渋谷高雄株式投資大百科第5章第11項等を参照)
反対にナスダックが今度こそ緑色の最終レジスタンスCを上方ブレイクアウトできれば、これまた前回で述べたことと同様にWトップ&三尊天井のチャートパターンの形成失敗となり、非常に強い買いシグナルとなります(俗称:「バスカヴィル家の犬」というパターン)。
あとは興味があるとすれば、日経平均先物が510円安(▲1.76%)の28420円という状態なわけなのですが、このあたりの値位置は上述の5月上旬のアメリカ納税換金売り局面以外では、3月4月に三度に渡って株価が反発してきた強力なサポートラインなのです。ここで黒田日銀がTOPIXETF買いを発動するのかどうかも重要な注目ポイントでしょう。そうなるとこれもまた前回の原稿で述べたことですが、今年の日経平均が2017年型のチャートに似てくるという予想の実現可能性が高まるからです。
あとは現在のマーケットにおける懸念材料として「金利」と「テーパリング」があるわけですが、金利については、金利急騰を恐れる機関投資家による債券ショートポジションが多くなりすぎて、どうやら需給関係でこれ以上上がりにくいという構図が見て取れるのです。例えて言うと、個人投資家による信用買い残が多くなりすぎて、株価が上がりにくいといった構図と言えばイメージしやすいでしょうか・・・
またテーパリングについても、これだけ事前に騒がれてしまうと、マーケットがテーパリングを早めに折り込んでしまうといった事態も想定しなくてはならなくなってしまう可能性が新たに出てきたのが悩ましいところです。そうなると金利も上がりにくくなってしまうわけで、前述の需給関係と考え合わせれば、今回のダウの10営業日連続陰線にリーマンショックやコロナショックのような世界同時多発的全面換金売りの初動の気配は感じられず、単に上がりにくい金利事情を背景としたバリューセクターからハイテク&グロースセクターへの物色動向の変化の予兆に過ぎないというのがメインシナリオになるわけなのです。
反対にサブシナリオが三尊天井のチャートパターン完成になります。
よって今週は、そのどちらの流れになりそうなのかを見極めるのが最大のテーマとなるでしょう。

2021年5月10日 株情報

(2021年5月9日執筆)


前回の原稿執筆から約1ヶ月半が経過しましたが、その後の株価の動きがどうなったか分析してみましょう。まず最初にナスダックのチャートをご覧下さい。前回の原稿時と比べて大きな進展がありました。前回の原稿において、『当面のナスダック最大の注目ポイントは、A‘とDのどちらをブレイクするか』と述べましたが、Dを上方ブレイクアウトしたことが分かります。これにより、依然としてピンク色のラインで描いた上限上昇トレンドラインAと下限上昇トレンドラインA’に挟まれた上昇トレンドチャネル(トレンドラインレンジとも言う)は機能していることが再確認でき、上昇トレンドは継続中であることが分かるのです。
(●上昇トレンドチャネルについては、渋谷高雄株式投資大百科第5章第6項等を参照)
しかし気になるのは、ダウが新高値を更新して上昇トレンドが強力であるのに対し、ナスダックは新たに形成された抵抗線C(緑色のライン)によって上昇が阻まれ、いわゆるWトップのチャートパターンを形成しそうになっていることです。
(●Wトップについては、同第5章第10項等を参照)
ダウが高値更新中である以上、出遅れ物色と称してナスダックもいずれ追随して上昇することがメインシナリオとなりますが、再びナスダックが下限上昇トレンドラインA’を割るとWトップのチャートパターン完成と言えるので注意が必要です。しかし反対に、ナスダックが緑色の新レジスタンスCを上方ブレイクアウトできれば、それはむしろWトップチャートパターンの形成失敗となり、非常に強い買いシグナルとなります(俗称:「バスカヴィル家の犬」というパターン)。その場合には上限上昇トレンドラインAに下からタッチするあたりまで上昇して、セルインメイ(5月は下げる)のアノマリーも無制限金融緩和の威力の前にたいした下げにはならず、そのままサマーラリーに突入することもあり得ます。そのファンダ的背景事情として、コロナワクチンが普及しているアメリカはすでに経済再開ムードであり、株の買い圧力は強いそうですが、かといって高値は買いたくないという心理も大きく、安値を拾うというハイエナ的虎視眈々ムードの待機マネーが多いという現地からの情報があります。
次にTOPIXのチャートをご覧下さい。4月に下限上昇トレンドラインA’を割ったことにより、アメリカに比べて周回遅れで下降トレンドラインレンジD-D’が形成されました。しかし株価は現在、下からDに接近する動きを見せており、アメリカの上昇トレンドを考えれば近くDを上方ブレイクアウトして、今度は下からA’に接近するまで上昇するのがメインシナリオとなります。
以上の両チャートのこれらの動きから、今年の日経平均の動きのイメージは2017年型であることが予想できます。2016年11月12月に急騰したのも似ているのです。
2017年では調整場面は2回あり、

  1. 一、3月下旬から4月下旬までの19600円から18200円の▲1400円(約7~8%下落)
  2. 二、8月上旬から9月上旬までの20200円から19200円の▲1000円(約5%下落)

その2回目の調整の後に、9月から11月上旬までの2ヶ月強の期間で一気に19200円から23400円まで▽4200円上げたのです(約22%上昇)。

では、30000円から38000円バブル高値奪還までの上げが、夏から秋にかけて本当に来るのでしょうか? 秋のFOMCで「テーパリング」開始を決定して第4四半期中に実行に移すというのが、現在において市場に台頭しつつあるスケジュール感なので、秋はむしろ大暴落への警戒も必要という見方もできるのが今年の難解なところです。やや先の話しになりますがこれについては、2017年同様に今年の夏以降に来るであろういったんの調整の様子を見てから再度予想してきたいと思います。

いずれにせよ、今年の当面の下値は堅牢そうなのです。その最大の需給的理由として、日銀黒田が3万以上の高値追いはしないけど急落場面では買い支えるよ、と暗黙の宣言をしたことがあるのです。昨年11月以降の日経急騰の原動力としては投資主体別売買動向から、やはり自己と外国人のそろった爆買いがありました。この両者がそろって買いに転じると、日銀がよほど大きな年金換金売りでもぶつけない限り、やはり上がるのです。では黒田はる彦は、どういう場面なら買うというのでしょうか? そのヒントは、3月19日に日銀が公表したETF買い付け方針の変更にあります。その大まかな内容ですが、

  1. 【1】「日本株ETFを年間6兆円買い入れする原則」を削除
  2. 【2】必要に応じて「年間上限12兆円まで日本株ETFを買い入れる」方針は残す
  3. 【3】日経平均連動型のETF買い付けはやめる。買う場合は、TOPIX連動型ETFにする

要は黒田の手口とは『日経平均が上がっている時は自己と外国人に任せて、うちは急落した時にだけ買い支えるわ』ということです。また、「日経平均だけを集中的に買い上げるのはやめて、東証一部全体を買う」とも表明しましたが、これはプライム市場などの東証再編を意識してのことでしょう。
つまり、高値を追うのは自己と外国人、安値を買い支えるのは日銀黒田という構図が当面は続くわけで、この需給関係では2017年型のチャートが示現するだろうというのが今年のメインシナリオになるのです。
あとはマザーズの弱さが気になりますが、前回のチャート上のA’で止まるかどうかです。マザーズ弱さのひとつの要因として、6月末までの東証再編に絡む需給関係があるでしょう。プライム残留を賭けて当落ギリギリラインの中小型株の買い支えが活発化することが予想されるので、6月末まではそちらにお金が集中して新興市場を買う余力が乏しいと予想できるからです。